ガジェット 荒川洋のレポート

AirPodsを長く使うために

更新日:

Airpodsがデビューしてから2年が経ち、長期で使用していますが、そろそろ内蔵電池の持ちが悪くなってきました。ここで新品に交換するのも良いですが、2年大事に、片方をなくす事なく使ってきた物ですし、なるべく延命して使いたいもの。

しかし、通勤に1時間半かかる間に、残量アラートが1時間を超えたあたりで鳴るようになってきました。




 

リセットを試す

リセットをすると良いと聞き、効果があるかは疑問ですが、試してみます。

まずはBluetooth設定からAirPodsのデバイスを解除します。

二つのイヤホン閉まってから、裏にあるボタンをiphoneに近づけながら押し続けます。すると白いランプに変わり、Bluetooth画面にAirPodsが再表示されるのでタップ。再登録完了。

元の状態はこちら。何やらエラーも出ていましたが

本体に入れたイヤホンの充電の早さも変わった気がします。

実際きちんと計測したわけではないですが、左側のイヤホンが特に減りが早いのですが、

いつもは凄い勢いで減る左側のイヤホンの減りのパーセンテージが減り、右の減り具合に近くなりました。



また公式サイトでは、電池の消耗に対する対策をいくつか提案しています。

AirPods側の提案

  • 極端な周囲温度を避ける。
  • 充電中は特定の種類のケースを取り外す。
  • 長期保管する時は、50%充電してから。

iPhone、iPad、iPod touch側の提案

  • 最新のソフトウェアにアップデートする。
  • 設定を最適化する。
  • 低電力モードを有効にする。
  • バッテリーの使用状況に関する情報をみる

本家の掲載はこのような感じです。

記事を書いている間に1時間たちましたが、リセット後の減りが遅いです。環境によって差はあるとは思いますが、お試しください。

解決策ではないですが、ワイヤレス版をお持ちの人は、下記のリンクのEirtouchというワイヤレス充電のクラウドファンディングをやっています。AppleWatchも合わせて持っている人には効果的かもしれません。大きさもコンパクトのようです。

EIRTOUCH

  • この記事を書いた人

hiroshiarakawa

-ガジェット, 荒川洋のレポート

Copyright© サウンドテラス工房 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.